喫煙は、ニコチンを介して血圧を上昇させるほか、肺がんの原因にもなります。また、動脈硬化も強力な危険因子になりますので、禁煙を実行しましょう。また、ストレスは血圧を上昇させる原因となります。現代社会には多くのストレスがあり、これを避けることは容易ではありませんが、趣味に打ち込むゆっくり休養するなど、自分にあったストレス解消法を見つけ、上手にストレスを乗り切りましょう。

〜禁煙の実行!ストレスをためない!など生活習慣を見直しましょう。〜

 ウォーキングや軽いジョギングなど適度な運動を毎日続けましょう。運動は、内臓脂肪を減らすのに一番有効な方法です。その他、高血圧や低HDLコレステロールに対しても効果があります。ただし、中等症状以上の高血圧や心臓に合併症がある方は、運動を始める前に医師とよく相談しましょう。

〜適度な運動をしましょう〜

 動物性脂肪のとりすぎは、肥満(内臓脂肪の蓄積)が起こりやすくなります。
一方、青身魚などに多く含まれる不飽和脂肪酸(EPA)は血液をさらさらにしたり、コレステロールを下げる働きがあります。肉類中心の食生活から魚、野菜、果物を中心とした食事をとるようにしましょう。
 ポイント @アルコールは控えめに!…アルコール自体高カロリーですが
        飲酒中は食事が進み、ついつい食べ過ぎてしまいます。日本酒
        では1日1合、ビールでは中瓶1本程度に抑えましょう。
       A甘い物を減らしましょう!            
       B塩分のとりすぎに注意…高血圧の方は、食塩摂取量を1日6g
        未満にしましょう。
メタボリックシンドロームの予防と、生活習慣の改善について!!

No13 爪の基礎知識・病気と
        かぜについて

バックナンバー

ホーム

No9  花粉症の対処方法
No10 コエンザイムQ10
No11 過敏性腸症候群
No12 痔と大腸がん
最近の号はこちらから

No14 おくすり手帳について

No15 糖尿病と甘い物の関係

について

 メタボリックシンドロームと思われる方は、生活習慣を見直しましょう!
メタボリックシンドロームの治療の基本は、生活習慣の改善です。特に食生活の見直しと適度な運動・禁煙などが重要です!高血圧・食後高血圧・高脂血症の方は、特に注意が必要です!

 @食生活の改善として…腹八分目を心がけて食べすぎに注意しましょう。
 A肉類中心の生活から、魚(特に青魚)・野菜・果物を中心とした食事を取り   ましょう。
 Bアルコールは1日1合・ビールは中瓶1本程度に抑えましょう。
 C糖分の多い甘い物を今より減らして、塩分の取り過ぎにも注意しましょう。

No16 女性とコレステロール
について
No17 うなぎはどうして
体にいいの?

メタボリックシンドロームを予防しましょう
〜食生活の改善が重要です。
   とくに脂肪の摂取を見直しましょう!〜

〜メタボリックシンドロームと思われる方は、
                   生活習慣を見直しましょう

〜適正体重の維持は、大変重要です〜

 食生活の改善や適度な運動によって、適正体重を維持しましょう。メタ
ボリックシンドロームの引き金となるのは、肥満です。肥満度は、BMIと
いう指標で表すことができます。

 BMI(肥満度)=体重(kg)÷(身長(m)×身長(m))

 標準はBMI=22で、日本肥満学会ではBMI25以上を肥満としています。

No18 おくすり手帳(2)と
メタボリックシンドロームって?