あなたが、いろんな病院でお薬を処方して頂いたお薬をおくすり手帳に記録することで重なっているお薬や相互作用のあるお薬はないかなど、薬局でお薬の確認を行っています。また、あなたのいろんな病院の処方箋に基づいてお薬をお出しする際には、あなたが病院の先生におくすりの事で聞きたいことや、あなたが治療のお薬で疑問に思う事など患者様と、病気の間に立ち、連絡をとりお知らせしています。お気軽にどんなことでも、ご相談下さいね。

おくすり手帳はあなたのお薬の交通整理に役立ちます!
…交通整理ってなあに?

 おくすり手帳は保険証や診察券と一緒に挟んで、いつも一緒にお待ちになって下さいね。おくすり手帳に、使い始めてからの使用期限はまったくありません。手帳の1ページ目からが、あなたの健康づくりのパートナーとしての手帳のスタートです!
 おくすり手帳は、患者様、ひとりひとりの健康や、安全をお守りする為の手帳です!
「病院にはカルテ!薬局には薬歴簿!患者様の手元にはおくすり手帳!」…がチームの一員となり、あなたの安全をお守りしています!手帳をお忘れになられた時は、次回お越しいただいた時でも、手帳に記入させて頂いております。気軽にお申し付けください。

おくすり手帳の役立つ使い方や、日頃はどうやってもっていれば
いいのかな?

 おくすり手帳は、いろんな病院や医院で診察して頂くときに、お薬を処方する薬局だけでなく、お医者さんにもぜひ見せて下さいね!
 おくすり手帳はひとつの病院や、ひとつの薬局の専用手帳ではありませんので、全国どこでも病院や、薬局でお使いいただけます。
 患者さんが、別の病院に行っているとき、先生はどのようなくすりを頂いて、どのぐらいの期間、どれくらいの量を使用しているかを知ることで、同じ効き目のくすりを重複しないように出来ます。
 これは患者さんの健康のためにも大変役立ちます。またご自身でも、自由にその時の症状や、お薬を使用して、どのように良くなったかなど、書き込んで頂くと、後に見返す時に役立ちます!また、お薬の記録があることで、くすりとクスリの相互作用による影響を防ぐことができます!
 おくすり手帳は、ちっちゃな手帳でも、大きなパワーがあります!
お薬に関することや、処方されたお薬で分からないと思うことは、どんな些細なことでも結構ですので、薬局へ気軽に質問して下さいね。あなたの健康の情報はあなたのものです。

おくすり手帳は、どんなふうに活用するの?    

薬局はあなたの健康づくりのパートナーです。
おくすり手帳を活用しましょう!!

No13 爪の基礎知識・病気と
        かぜについて

バックナンバー

ホーム

No8  糖尿病と長生き10か条

No9  花粉症の対処方法
No10 コエンザイムQ10
No11 過敏性腸症候群
No12 痔と大腸がん
最近の号はこちらから

No14 おくすり手帳について

No15 糖尿病と甘い物の関係

について

 遺伝や体質を基本にして、ドミノ倒しのように生活習慣の乱れからいろいろな病気が重なり、重大な病気が気づかないうちにどんどん進行して、あらゆる病気を引き起こしていきます。
 過食や運動不足などの生活習慣の乱れから、ドミノ倒しの最初の駒を倒すように肥満やインスリン抵抗性(体に取り込まれた糖分をエネルギーに変えるインスリンの働きが低下した状態。インスリン抵抗性はそれ自体が動脈硬化を起こす原因になります!)という病態が起きています。
 生活習慣の乱れが続いていくと…次第にドミノは倒れて食後高血糖・高血圧・高脂血症といった生活習慣病を次々と招いてしまいます。このような状態をメタボリックシンドロームと呼んでいます!
 メタボリックシンドロームでは、比較的軽い病気が複数重なり、さらに年月を経て虚血性心疾患・脳血管障害・閉塞性動脈硬化症など重大な病気を引き起こす可能性が高まります。
 
 こうしてドミノは総倒れとなり、心不全・認知症・脳卒中・下肢切断・透析・失明など重い病気にかかる危険性が非常に高くなります。このように生活習慣の乱れからメテボリックシンドロームが起こり、お互いの病気が重なって一気に血管合併症が起こってくるという考え方がメタボリックドミノです。
〜メタボリックシンドロームと思われる方は、日頃から生活習慣を改善しできるだけ早い時期から適切な対策をとるよう努力しましょう!〜
 メタボリックシンドローム治療の基本は、生活習慣の改善です。特に食生活の見直しと適度な運動・禁煙などが重要です。来月号では、予防と対策について、ご紹介いたします。

No16 女性とコレステロール
について
No17 うなぎはどうして
体にいいの?
最近注目されつつある、メタボリックシンドロームって
何だろう…?