sohgoh

社長挨拶

ご挨拶

近年、在宅医療、かかりつけ薬局、ジェネリック、診療報酬のマイナス改定と我々薬剤師を取り巻く環境は大きく変わってきました。今後、医療は厳しい時代を迎える可能性も否定できない中で、我々は常に何が必要かを考えています。創業以来、相好株式会社は患者・社員に限らず人を大切にするという企業理念のもと、患者さんの視点に立ち、さらに上のサービス提供を目指しています。人を大切にするということは、環境が変わっても今後も変わりなく重要なことであると考えます。おかげさまをもちまして、収益力におきましても、これまで着実に増加することができました。今後もさらなる収益増加出来るよう積極的に実践していきます。そして、この収益はさらなる患者サービスの向上・社員教育・福利厚生、そして社会貢献により社会に還元していきます。それが、当社の進むべき方向であり存在意義であると考えます。その社会貢献の一環としまして、地域の子供たちを対象にしました「ジュニア育成事業」があります。これは今後の世代を担う子供たちにスポーツを通じ体力作りや人間関係の重要性を伝えていくものです。現在、四日市・鈴鹿・松阪・伊賀・津・桑名・伊勢の7市で実践し、体操教室としては、日本最大の規模まで成長することができました。このように、相好株式会社は社員のやる気と会社の活力という強みを生かし、さらなる成長を続けていきます。今後とも、皆様からの一層のご愛顧を賜りますよう心よりお願い申し上げます。
 薬剤師に求められている能力は、幅広く常に新しい知識・専門知識を学ぶ必要があります。当社では月2~3回知識向上・自己啓発の為、疾患別薬剤治療・医療薬理学・解剖学・画像診断などの勉強会を行っています。勉強会に参加できない人も、同一教材で勉強し1項目終了ごとに勇志の確認テストを社内で行っています。繰り返し勉強し試験を行う事で、自分の実力を把握でき不足している知識に気づく事ができます。それにより確かな知識を自信を持って仕事ができ、自身のやりがいに繋がります。


      
代表取締役 
薬剤師 山本将之


1971年生(京都府出身)
福岡大学薬学部卒業
三重県薬剤師会理事
スポーツファーマシスト