ホーム |  会社案内  |  社長挨拶  |  薬局部門  |   体操部門  |   研修・教育  |   社内活動  |   採用情報 
最新号はこちらから
バックナンバー

No8 糖尿病と
      長生き10ヶ条
No7 冬のぽかぽか健康法と
      長生き10ヶ条
No6 胃腸のお話と
      長生き10ヶ条
No5 免疫力UP法と
      長生き10ヶ条
No4 秋型花粉症
No3 たばこの成分と害
No2 夏バテと貧血予防
No1 疲れやすい人の10ヶ条
 

   とみだつうしん       No.9

≪ 前号へ≫ 次号へ

  

花粉シーズン到来!!

これからの季節、花粉症の人にとってはなんともつらい時期がやってきます。
日本人の5〜10人に1人が、スギ花粉症ともいわれ、いまや社会的な問題になっています。今年の花粉は、前年度の約30倍とも、60倍ともいわれています!今まで花粉症でなかった人も今年は、発症する可能性が、非常に高くなっています。
早めの花粉症対策を、おすすめいたします。花粉症で苦しまないためには、薬だけに頼るのではなく、生活環境を見直すことも大切です。


体に抵抗力をつけましょう!


@ 風邪をひかない。
A 過労やストレスをつくらない。
B 規則正しい生活を心がけ、十分な睡眠をとりましょう。

≪ スギ花粉シーズンには…!≫


@ 窓は開けっ放しにしない。

A 布団を干す時は上に布をかける。

B 外出するときはメガネやマスクを忘れないように!

C 帰宅したら衣服を良くはたいて、花粉を持ち込まないようにする。
 手と目・鼻をよく洗い、うがいも忘れないように行いましょう。

D 髪にも花粉がつくので早めに入浴をしましょう。

 薬を使わないで鼻づまりを対処する方法


 乳幼児に点鼻薬を使用した場合、鼻の粘膜から全身に吸収されて中枢神経抑制(意識障害・血圧上昇及び低下など)の中毒症状が発生する可能性があります。
 乳幼児や何らかの理由により薬に湿布してみてください。すると鼻の粘膜の血管が拡張されて鼻水がでます。そこで、お母さんなどがスポイドなどで吸い取ってあげるとずいぶん楽になります。
 また、鼻が詰まっている人はどうしても口で息をしてしまいます。そのため、のどを痛めやすいのでマスクをしたりスチーム鼻吸入器などを使ってみても良いでしょう。
 点鼻薬は使い過ぎに注意し、辛い時に一時的に利用しましょう。  

 花粉症に備える天気予報の上手な使い方について…

 のどかな春の青空と強風に注意!!

 
よく晴れた日には、花粉は上昇気流にのってスギ林から上空に舞い上がり、風に乗って運ばれます。
 特に空気が乾燥して、風の強い日には飛びやすく数十キロも離れた場所にまで広がります。スギ林が近くになくても油断は禁物です。
 また、1日のうちでは昼間の気温が高い時間帯(特に昼をはさんでの2時間)は飛散量が多くなります。
 弱い雨の降った翌日の午前中も前日の雨でアスファルトに積もった花粉が舞いあがりやすくなります。
 天気予報はチェックして、雨上がりの翌日やのどかに晴れた日、南風で気温が上がる日は要注意です!
 花粉症の症状を最小限に抑えるには、花粉との接触をできるだけ少なくすることが大切です。
 要注意の日には外出をなるべく控えることはもちろんのこと、外出時はメガネとマスク・さらに帽子で完全ガードしましょう。
 また花粉を室内に持ち込まないために、入念な花粉対策をしてください。一人でも花粉症の家族がいたら家族全員で気を配ってあげることも重要です。
 スギ花粉の飛散量は、前年の天候と大きく関係しています。スギは暑い夏の間に翌年の花芽のもとを作るため前の年の夏の天候から飛散量を予測できるのです。
 夏に良く晴れて気温が高いと翌年の春の花粉の飛散量は多くなります。天候と深い関係のある花粉症について正しい理解して花粉症を上手に乗り切りましょう!

≪ 前号へ≫ 次号へ

相好株式会社