ホーム   会社案内  |  社長挨拶  |  薬局部門  |   体操部門  |  研修・教育  |  社内活動  |  採用情報 

      
     
 

        No.76

≪ 前号へ≫ 次号へ

  

 〜 黒酢とポリフェノール 〜
       体に良いとは聞くけれど…  
  

 〜暑さが続食欲が減退するこの季節におすすめの黒酢を紹介します… 

 Q 黒酢は、どうして愛飲者が増えているのかな…?

高血圧・動脈硬化・高コレステロール・便秘・痛風・尿路結石・肝臓・肥満・花粉症などの予防と健康増進のために飲まれています

酢を飲むと、体がほてったり熱くなるように感じることがあります

これは血管が拡張し、血流が良くなって現れる現象と考えられます

血流が増加し酢酸が体内でクエン酸に変化し、またアミノ酸が体内のすみずみにまで運ばれて、それによる様々な効果が、酢の愛飲者が益々増えている理由ではないかと思われます

酢は酢酸となり肝臓ではクエン酸に変化し、エネルギーを生み出すことで肝臓の働きを良くする効用があります。酢を飲むと疲れの素である筋組織の乳酸がクエン酸で分解され疲労感が和らぎます

黒酢は毎日少しずつ飲み続ける事がポイントです!

酢には、腸の蠕動運動を活発にし、特にオリゴ糖を加えた黒酢はさらに便通が良くなります

 〜”ポリフェノール”の健康効果について ベリーはポリフェノールの宝庫!… 

Q 健康成分ポリフェノールってなあに?

ポリフェノールはカテキン・タンニン・アントシアニンなど、植物が光合成を行う時にできる物質の総称です

糖分の一部が変化したもので、植物の葉や花・樹皮などに成分として含まれており、植物自身が、生きるために持っている物質ですが、人の体の中に入っても、抗酸化物質として、有効に働くことが明らかになっています

ポリフェノールの効果は、体内に摂取、蓄積された悪玉のLDLコレステロールの酸化を阻害し、高血圧、動脈硬化および動脈硬化を原因とした脳血管障害、心臓病などを予防することです!

Q 抗酸化物質ポリフェノールの一種のアントシアニンって…なあに?

ブルーベリー・ビルベリーなどの植物に含まれている、赤い・青い・紫色の色素成分がアントシアニンです!

アントシアニンは視神経の働きを支えているロドプシンという色素の再合成を促して眼精疲労の予防・改善・視力を向上させる効果があります!

また、活性酵素の生成を抑制し、細胞の老化を防いで、血液をサラサラにする作用があります!

アントシアニンは熱変化に強く、加熱・冷凍しても成分はほとんど変化しません

ブルーベリーなどに含まれる、アントシアニンは摂取してから4時間後にその働きが現れ24時間持続することが確認されているので一度にたくさん摂るよりも、ジャムやジュースなどにして、毎日少しずつ摂取する方が効果的です

 

≪ 前号へ≫ 次号へ

相好株式会社