ホーム   会社案内  |  社長挨拶  |  薬局部門  |   体操部門  |  研修・教育  |  社内活動  |  採用情報 

      
     
 

        No.75

≪ 前号へ≫ 次号へ

  

 〜 メタボリックシンドローム 〜
  自分が動かないと、やせられない…メタボ脱出作戦A  
  

 〜メタボリックシンドロームがあると、どうして怖いの…?? 

 『メタボリックシンドロームが招く病気について』

メタボリックシンドロームは、体の代謝のバランスを崩し、さまざまな生活習慣病を招きます!

また、その生活習慣病が新たな合併症を引き起こします危険性もあります

脂肪細胞は、エネルギーを貯蔵するだけではなく、脂質やブドウ糖などの代謝を調節するさまざまな物質を分泌しています

メタボリックシンドロームの基盤である内蔵脂肪が蓄積してくると、これらの代謝のバランスが崩れ「インスリン抵抗性」が強くなってきます

「インスリン」は、すい臓から分泌されるホルモンの一種で血液中のブドウ糖(血糖)をエネルギーに変える働きをしています

インスリン抵抗性とは、このインスリンの働きが悪くなった状態をいいます

インスリン抵抗性が強くなると、血糖の代謝が悪くなり血糖が増えて「糖尿病」になります

抵抗性は「脂肪肝」や「痛風」の発症にも関係しています

良くない生活習慣は、全身の血管に動脈硬化などの悪影響を及ぼし、重大な合併症を引き起こします

放置すると「心筋梗塞」や「脳梗塞」などの命にかかわる合併症を引き起こす危険性も高くなります

また、内蔵脂肪の蓄積によって「睡眠時無呼吸症候群」も起こしやすくなります

このように、内蔵脂肪は多くの病気を引き起こします。実際、メタボリックシンドロームのある人では、これらの病気を合併しているケースが良く見られます

運動があなたの生活を変えます!!

『 生活習慣を見直しましょう! 』

運動する事で、生活リズムも良くなります!

食生活と同様に「メタボリックシンドローム」を撃退する為に重要なのが、運動不足の解消です

しかし、メタボリックシンドロームのある人が多い、働き盛りの世代では、運動のための時間が取れないということも少なくありません

運動は食生活の改善と並んで、肥満や血液の状態を改善する最も効果的な方法です

生活パターンに応じて、無理のない運動を楽しく取り入れる事で長続きさせることができます

強い肥満のある人や、膝や腰に痛みがある人は水中運動などがおすすめです!

強い肥満のある人や、膝や腰に痛みがある人が、歩いたり走ったりする運動を急に始めると、関節などに大きな負担がかかります

まずは負担の少ない「水中運動」などがお勧めです

膝や腰に痛みのある人は、医師の指導のもと行いましょう!

◎ 自分で行う運動はウォーキングがおすすめです!

メタボリックシンドロームの改善には、長時間継続して行う「有酸素運動」が効果的です!

特にお勧めなのは、特別な道具もいらず、いつでもどこでもできるウォーキングです!

”楽しい”と思える工夫をしましょう!運動に慣れていない人が本格的に運動を始める時は、誰でも最初はおっくうだったりきついと感じるものです

長く続けるためには、”楽しい”と感じる程度の運動に工夫しましょう!最初は30分程度の運動から徐々に60分程度の運動にシフトして行きましょう!

 

≪ 前号へ≫ 次号へ

相好株式会社