ホーム |  会社案内  |  社長挨拶  |  薬局部門  |   体操部門  |   研修・教育  |   社内活動  |   採用情報 
最新号はこちらから
バックナンバー

No68 自覚症状ない高血圧
高血圧を防ぐには?
No67 ガンを遠ざける
12の習慣J〜K
No66 ガンを遠ざける
12の習慣E〜I
No65 ガンを遠ざける
12の習慣@〜D
No64 高齢者の熱中症
 
No63 大腸ガン予防と
ビフィズス菌について
No62 ぽっこりお腹は
さようなら 
No61 旅行中の下痢と
ミネラルについて
No60 若くても油断禁物!
乳がんについて
No59 スギ花粉の季節です
薬になる食べ物「かき」
No58 脳の栄養不足??
脳卒中は40代から!
No57 健康管理は万全?
脳卒中について
No56 インフルエンザ予防法

      
     
 

        No.69

≪ 前号へ≫ 次号へ

  

 コレステロールを下げて
    活き活き健康生活始めましょう!

  

日本人の死因を統計でみると、1位がん、2位心臓病、3位脳卒中ですが、2位と3位は、ほとんど動脈硬化が原因です

近年クローズアップされている突然死も、多くは動脈硬化に起因するといってもよいでしょう。ところが、動脈硬化はなかなか目に見える形では、あらわれません。やっかいなことに自覚症状がないまま進行し、心筋梗塞や脳卒中といった発作があって、はじめて気づかされるのです

その危険因子のひとつが、血液中のコレステロールや、中性脂肪の増加で起こる高脂血症です。昨今の食事の欧米化にともなう動物性脂肪の摂りすぎ、食物繊維質の不足、ストレス、運動不足などが、その背景として指摘されていますが、年々日本人の血中コレステロール値は確実に上がっており、特に若い人にコレステロールの高い人が、増えているのは深刻な問題です

高コレステロール血症も軽症のうちなら、日常生活だけで改善できます

 健康ウォーキング始めませんか!

ウォーキングは、特別な道具を必要としない、気軽にできる運動の1つです。健康の維持だけでなく、生活習慣病の予防や改善にも役立ちます!

歩くことで、肥満や血液の状態が改善します!

呼吸をしながら行う「有酸素運動」のなかでも、ウォーキングは無理なく続けやすい運動です。有酸素運動には、体によい効果が多く、健康を維持するのに適しています。ウォーキングをすると、エネルギーを消費しストレスを解消できます

継続して行うと、肥満の改善や筋肉の強化などの効果があります!

生活習慣病の改善にもウォーキングは効果的です!

 ◎ 糖尿病…ウォーキングで血中のブドウ糖(血糖)が消費され、一時的に血糖値が下がります。継続すると、筋肉などにブドウ糖を取り込みやすくなり、高血糖が改善されます

 ◎ 脂質異常症(高脂血症)…ウォーキングをすることで、血液中の「中性脂肪」が減り「HDLコレステロール」善玉コレステロールが増えます

 ◎ 高血圧…ウォーキングを続けることで、末梢血管が広がり、血液の循環がよくなって血圧が下がります

 体調が悪い時は運動を控えましょう…体調が悪い時には、休むことも必要です

 肥満のある人が急にウォーキングを始めると、膝や腰を傷めることがあります。膝などの病気や生活習慣病のある人は、担当医に相談してください。

 

≪ 前号へ≫ 次号へ

相好株式会社