ホーム |  会社案内  |  社長挨拶  |  薬局部門  |   体操部門  |   研修・教育  |   社内活動  |   採用情報 
最新号はこちらから
バックナンバー

No64 高齢者の熱中症
 
No63 大腸ガン予防と
ビフィズス菌について
No62 ぽっこりお腹は
さようなら 
No61 旅行中の下痢と
ミネラルについて
No60 若くても油断禁物!
乳がんについて
No59 スギ花粉の季節です
薬になる食べ物「かき」
No58 脳の栄養不足??
脳卒中は40代から!
No57 健康管理は万全?
脳卒中について
No56 インフルエンザ予防法
No55 残暑厳しい季節
体調管理は大丈夫?
No54 血圧が高いと
いわれたあなたへA!
No53 血圧が高いと
いわれたあなたへ@!
No52 あなたの骨大丈夫?
かぼちゃの効果について!

      
     
 

        No.65

≪ 前号へ≫ 次号へ

  

〜 長生きするための健康知恵袋 〜

  ガンを遠ざける12の習慣  『 No1〜No5 』

 生活習慣病としてのガンがクローズアップされ、予防と日々の習慣に深い関係のある事が明らかになってきました

日本では毎年33万人、じつは3人に1人がガンによって命を落としています

ガンになる前に危険を減らして、健康な食生活を心がけましょう!!

「ガンを遠ざける12の習慣について」・・・ご紹介いたします

 @バランスのとれた栄養をとりましょう!

 食事のかたよりはガンのリスクを高めます。消化器系はもちろん、さまざまな部位のガンが食事と関係が深いと考えられます。50年で3倍にもなった脂肪の摂取は大腸ガンや乳ガンの原因と考えられますし発ガン物質の危険性も見逃せません

 一方ビタミンや食物繊維などの栄養素には、ガンの危険性を下げる働きが期待できますので多種類の栄養素をバランスよくとりましょう

 A毎日、変化のある食生活を心がけましょう!

 ある食品に発ガン物質が含まれている場合、少量でも毎日繰り返し食べ続ける事は体をガンのリスクにさらし続けることに他なりません

同じものを大量に毎日食べるようなことをせず、バラエティーのある食生活を心掛けて下さい。体にいいと言われる物でも同じことです

ガンのリスクを下げるというカロテンにしても、さまざまな野菜からまんべんなくとることが大切です

 B食べ過ぎを避け、脂肪は控えめに・・・

 ネズミを使った実験では、食事量を制限されたグループに発ガン率が低い事がわかっています。ガンの危険性を下げるため食べ過ぎは避けて”腹八分目”を心掛けましょう。

 とりわけ、脂肪の取りすぎは大腸ガンをはじめ乳ガンや前立腺ガンなどの原因になると言われていますので脂肪の多い肉は食べすぎないようにしましょう。牛や豚ならヒレやモモ、鶏ならササミなど低脂肪の部位もメニューに加えて下さい

 Cお酒はほどほどに・・・

 お酒の飲みすぎは、口腔や咽頭・食道などの粘膜の細胞を傷つける事でそれらの部位のガンの原因になるとの調査結果がWHO(世界保健機関)から出されています

肝臓ガンのリスクを高めることも指摘されているほか、飲酒による栄養の偏りで免疫力が低下する点も問題です。量を飲みすぎないのはもちろん、強すぎるお酒は薄めて飲んだり水と一緒に飲むようにして下さい

 Dタバコは吸わないようにしましょう!

 40歳以上の男性12万人以上を対象にした調査では1日25本以上タバコを吸う人は非喫煙者と比較して肺ガンの死亡率が7倍にもなるという報告があります

最近では、食道・大腸・すい臓・子宮ガンなどのリスクを高めることも明らかになっています。発ガン物質によっては、火についているほうから出る煙に多く含まれることも知られており、他人の煙を吸わないように気をつけましょう

≪ 前号へ≫ 次号へ

相好株式会社