ホーム |  会社案内  |  社長挨拶  |  薬局部門  |   体操部門  |   研修・教育  |   社内活動  |   採用情報 
最新号はこちらから
バックナンバー

No61 旅行中の下痢と
ミネラルについて
No60 若くても油断禁物!
乳がんについて
No59 スギ花粉の季節です
薬になる食べ物「かき」
No58 脳の栄養不足??
脳卒中は40代から!
No57 健康管理は万全?
脳卒中について
No56 インフルエンザ予防法
No55 残暑厳しい季節
体調管理は大丈夫?
No54 血圧が高いと
いわれたあなたへA!
No53 血圧が高いと
いわれたあなたへ@!
No52 あなたの骨大丈夫?
かぼちゃの効果について!
No51 健康診断の季節です
かくれ肥満の追放!
No50 花粉症の季節です!
今年の予想と対策
No49 免疫ってなんだろう?
薬になる食べ物 〜大根〜

      
     
 

        No.62

≪ 前号へ≫ 次号へ

  

〜 下腹がぽっこりでてしまい

    いつもすっきりしない感じはありませんか? 〜

お腹が出るのは肥満のせいだと思われてきましたが、大腸や便にガスが溜まっているのが原因です!

健康のためにも、若さをキープする為にもすっきりとしたおなかを手に入れましょう!

老廃物をため込まない腸内環境を目指しましょう!

乳酸菌と食物繊維で、腸の中をすっきりさせましょう!老廃物をため込むガス腹の中には悪玉の腸内細菌がひしめいています。腸内で腐敗を起こし悪臭ガスを発生する悪玉菌を減らすために普段の食生活を見直しましょう。

乳酸菌と食物繊維で腸の中をキレイにしましょう!

〜日本型の食事で腸内環境を改善しましょう!

昔ながらの日本の食事には、みそ・しょうゆ・ぬか漬け・納豆など乳酸菌を含む発酵食品が毎日登場していました。お隣の韓国の日本食であるキムチにも、乳酸菌が豊富に含まれています。このような伝統的な食べ物は人間の腸内環境を健康できれいに保つために重要な役割を果たしてきました。

腸内には100兆以上の細菌がすんでいて、その中には善玉菌と悪玉菌がいます。腸内でビタミンを作り出すを作り出すビフィズス菌などは善玉菌ですが悪玉菌は腸内で腐敗を引き起こし悪臭ガスを発生します。この悪玉菌を抑制するのが乳酸菌で伝統的な食事は知らず知らずのうちに腸内環境をよくしてくれていたのです。

Q 腸内環境をよくする食べ物や食品にはどんなものがいいのかな?

@ 乳酸菌を多く含む食品・・・・ヨーグルト・納豆・みそ汁・キムチ

ヨーグルトなどは動物性乳酸菌・漬物・みそ・納豆などは植物性乳酸菌です。従来、動物性乳酸菌は胃液によって死んでしまうと言われていましたが、最近では大腸まで到達する乳酸菌を含むヨーグルトも開発されています。

A 食物繊維を多く含む食品・・・・水溶性→りんご・こんにゃく・わかめ・らっきょう

                 不溶性→きのこ・さつまいも・切干大根

野菜やきのこの不溶性食物繊維は便のもとになり、こんにゃくや海藻に多い水溶性食物繊維は腸内のコレステロールなどを吸着して排出します。

現代人」の食生活は食物繊維の摂取量もぐんと減っています。らっきょうの甘酢漬けの汁にも水溶性食物繊維が豊富に含まれます。このような食物繊維や乳酸菌が足りなくなって現代人にはガス腹に悩む人が増えてきたのです。

ヨーグルトは時々食べる種類を替えてみましょう!

欧米化した食生活の中で腸内環境を改善するにはヨーグルトをとるのが手軽な方法です。毎日食べてもお腹がスッキリしないという場合はヨーグルトの種類を替えてみて下さい。食事の栄養はバランスよく取らないといけないように乳酸菌も1種類ではなく時々別の種類の菌を取り入れて混ぜてみると腸の機能が活性化します。ひとつの乳酸菌を腸内に定着させるには2週間ほど食べ続ける事が必要です。

≪ 前号へ≫ 次号へ

相好株式会社