ホーム |  会社案内  |  社長挨拶  |  薬局部門  |   体操部門  |   研修・教育  |   社内活動  |   採用情報 
最新号はこちらから
バックナンバー

No49 免疫ってなんだろう?
    薬になる食べ物 〜大根〜
No48 がんを防ぐ為の12ヶ条
      I〜K
No47 しのびよる体の衰えと
      そばの効用について
No46 感染症にご用心!
     インフルエンザの対処法
No45 夏の日差しによる
      肌トラブル
No44 がんを防ぐ為の12ヶ条
      C〜E
No43 がんを防ぐ為の12ヶ条
      F〜H
No42 花粉症の予防法とがん
      を防ぐ為の12ヶ条AB
No41 インフルエンザと
      関節痛について
No40 かぜをひかない為の
      7ヶ条

     
 

        No.50

≪ 前号へ≫ 次号へ

  

〜 花粉の季節がやってきました!

     2010年予想と対策について! 〜


花粉の飛散量は全国的に「例年並み」と予想!!

寒い日が続くと、暖かい春が待ち遠しいですね。でも、その前に2010年も花粉の季節がやってきます。
昨年に比べると全国的に「例年並み」と予想されています。東海地方は6割程度少ないと見られていますが、実数値は少なくないので例年通りのしっかりとしたケアを心がけて下さい。

花粉症の薬は飛散時期より早く使用することで症状を和らげる事ができます。

 体質を改善するとこんなに楽になります! 

体質改善をすると、花粉による諸症状が軽くすむので薬を減らしたり弱い薬にしたりできます。体全体の免疫力がアップするので風邪などの感染症にかかりにくくなります。また、腸内環境をヨーグルトなどで良くする事でお通じも快調に! 

 今までのアレルギー疾患の主な要因は、花粉などのアレルゲンや空気の汚染だとされてきました。

しかし、最近の研究で食生活や喫煙習慣の有無など体内環境を左右する生活習慣の影響が大きいことがわかってきました。なかでも注目したいのが食生活の影響です。
「乳酸菌やオリゴ糖」などが不足すると腸内環境が悪化します。腸には免疫を制御するシステムがあり、そこが影響を受けるとアレルギーが悪化してしまいます。
また、サラダ油に多い不飽和脂肪酸のn6系油の接種が増え青魚に多いn3系油が減るとアレルギーなどの炎症反応が悪化することもわかっています。

 体質改善と早めのお薬(点眼・点鼻・内服)で対策をしっかり行っていきましょう!

ヨーグルトでは、1ヶ月でも効果が期待!早めのお薬対策で花粉症が軽くなります。
ヨーグルトなどに含まれる乳酸菌の中には、アレルギー症状を抑制する働きが認められているものがあります。
常日頃からコツコツと積み重ねていきましょう!
乳酸菌によって腸内環境が整い、アレルギーの体質改善がなされる為と言われています。腸内環境が整えられると免疫系の正常な調整機能が働くようになり、アレルギーによる有害な過敏症の予防と改善につながり効果が期待できます。

 


 Q&A どんな食品を食べれば、体質改善につながるの?

 @ 不足しがちな「n3系油」をとりましょう。 
 n3系油とは…マグロやカツオ・ブリ・サンマなどの青魚に多いDHAやEPAのことです。
またシソ油に多いαリノレン酸が「n3系油」です。シソ油は調理の他お味噌汁に数滴たらして毎日の食生活にご活用ください。  

 A ヨーグルト(乳酸菌)を取りましょう!
 ヨーグルトはどんなものでもいいのかな?
 ヨーグルトは「生きて腸まで届く乳酸菌」など腸内環境がを整えてくれる乳酸菌入りのヨーグルトを選ぶようにしましょう!

≪ 前号へ≫ 次号へ

相好株式会社